競艇予想で失敗しない攻略法・口コミ評価

1号艇が強いを過信しすぎてはいけない

私は20歳の時から競艇を始めました。

色々な投資法を行なってきましたが、最終的にしっくりきた考え方などについてお話したいと思います。

競艇という競技は、他の競技に比べると内側が確実な有利なスポーツです。

そのため、だいたいどのレースのオッズを見ても、1号艇が人気しています。

しかし、1号艇だけに賭けていても勝てるわけじゃありません。

1号艇から賭けて当たったとしてもオッズが低いので払い戻しも低いですから。

そのため、一発大きいのを狙う穴党の人もいます。

私は、その本命党と穴党の間である中穴党です。

基本的に本命党の人は、大きいレース(SG・G1などの実力が比較的拮抗しているレース)には賭けません。

日常的に行われている一般戦でA1・A2選手が内側にいるような堅いレースを堅実に狙っていきます。

しかし、上手い選手でも取りこぼしは時たまあります。

それが起きやすいレースが準優日の第一走です。

どういう事かと言いますと、一般戦レベルだと後半に準優勝戦を控えている選手も前半にレースを走らされることが多いです。

しかし、後半に準優勝戦を控えている選手は言ってしまえば消化試合なので取りこぼすことが非常に多くなっています。

なので、そういったレースであえて1着をB1の選手から賭けてみると思ったより大きいオッズが当たったりします。

もう一つ考え方を挙げるとすると、「先輩後輩関係を読み解け」ということです。

競艇は全24支部ありますが、当然その支部内での結束は非常に強いです。

先輩後輩関係は確実に大事だと思っています。

SG・G1クラスになると先輩に勝たせるなど甘いことはしませんが、一般戦レベルだと絶対にあると思っています。

先輩が昇級・降級の瀬戸際に立っているとしたら後輩は先輩に勝たせるようにレースするでしょうし、逆の場合でもそうだと思います。

私が競艇選手だったらおそらくそうしていると思いますし。

意外と予想のファクターとしてはこれが面白いんです。

ぜひそういった同支部の選手が出ているレースがあったら注意を払ってみてください。

あとは、まくりが得意な選手、差しが得意な選手等ありますので、そのスタイルを記憶して置くことも大事です。

基本的に差しばっかりの選手が集まったレースでは1号艇が逃げやすいです。

1号艇がいなくなるレースというのは基本的にまくり屋がいるレースなので。

なのでまずレース展開を予想する上で大事なのは3号艇がまくりを得意としているかどうかだと思います。

いくつか、私が競艇をやってきた上で大事にしてきたことをお話しました。